読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

幻とリアルな田中 感じていた

 それにしても便器はつよい。
 相当ガーン! ってぶっつけてもまったく欠けなくないですか?
 強靭なしろい膚。毛穴ひとつありません。その流線型に、老若男女べてをうけいれます。
 少々ネジのはずれた性的な感性をもちあわせただけの人間ごときが肉便器をなのるなどということは、見当ちがいもはなはだしい。とんだおもいあがりなのです。抗菌トイレは汚れに強い。
 おまえなど、ただの肉だ。いや、焼いてくえない以上、肉ですらない。穴のあいたゴミだ。

www.youtube.com

 その日私たちはbirdguhlsは、高円寺のライブハウスで途方にくれていました。
 ドラムのミカミさんが、大学院のオリエンテーションとかいうどうでもよさそうな別件の押しにより、いっこうに姿をみせないのです。

 このままでは出演が危ぶまれます。

 ダニさんの話のつづきにあたります。
 結局私たちのリハの時点で、ミカミさんはまだオリエンテーションの会場をぬけられずにいました。
 私たちは共通して反社会的な魂をだいて生きているからこそ、仲間のささやかな社会性をふみにじるようなことはけっしてしませんでした。足抜けの邪魔はしないのです。
 あの息をするようにアフロヘアになったりするどパンクのミカミさんがガッコーの行事をおもんじるとあらば、私たちは笑顔で応援するまでです。
 しかし、それはそれとして出番は刻一刻とちかづいてきています。
 ミカミさんの唯一無二のドラムは、いうまでもなくセッションの核。中軸です。
 彼なしでの合わせは、リハスタですら未経験でした。

 ダニさんが演奏中にみせつける狂気はメンバー随一のものでしたが、楽屋や打ち上げの席でのひとなつっこさもまた、だれよりもつよくあたたかいものでした。
 そのときもダニさんは、ニコニコとわらって、彼が出番前にいつもおこなうしんじられないようなおおきな生音でメジャースケールをなぞるという基礎練をくりかえしながら、私たちの緊張をほぐすように饒舌にかたってくれました。
 その喉にきえる酒の量とともに、彼のテンションはうなぎのぼりになっていきました。
 演奏前に飲酒することは当時の私たちにとってはめずらしいことではありませんでしたが、その日のダニさんはガチのみでした。

 ライブハウスが開場し、数人のお客さんが腕組みをしたりたばこをふかしたりするのを前にして、対バンの演奏がはじまりました。
 とおくの会場でオリエンテーションに参加しているミカミさんは、とうにデッドラインをこえており、出番にまにあうのぞみはほとんどなくなりました。
 ダニさんは楽屋で、リペアからもどってきたばかりだというあおいビザールギターを提げたまま、はしゃぎまわっていました。
 彼のまっかになった両目をみながら、私は覚悟をきめました。たとえドラムがいなくても、このひとと一緒ならなんとかなるだろう。
 マツイさんも苦笑いをうかべながらも、しずかな表情でした。  

 出番がやってきました。

 演奏開始、五秒。
 ダニさんのギターが宙にまっていました。
 修理されたばかりのその楽器は、無愛想なノイズを発するだけの木片になって、よこたわっていました。

 私はそのとき、ロックギターをしりました。

 楽器破壊など埃をかぶったアナクロだ。ノイズギターはつまらない懐古主義だ。
 そのようなブッキッシュなにくまれ口しか頭にうかばぬちいさな人間がいるとすれば、彼の視聴覚にそのひらめきがあふれることは生涯ないでしょう。不憫なことです。
 ロックはしんだ音楽、エレキギターは大時代な木工品です。
 その認識は、音楽になんの否定的な意味も、むろん肯定的な意味ももたらさないのです。
 生きることの意味を考えながら生きずしてしんでいくことは、私には滑稽におもえます。
 他の生きざまに論評をくわえながら己の生きざまを持たぬがごときも、またしかりです。

 私にとってのロックギターは、暴力的な生命の力です。

 騒々しくもうつくしいノイズをまきちらしながら、彼はいまも東。京の空気の底ではしっています。
 そして、無我夢中でこなした出番の直後、汗まみれでハコにかけこんできて全員の失笑をかった天才ドラマーミカミさんと、それから太郎ちゃんと、私とがあらたに組んだバンドが砂糖鳥です。
 砂糖鳥は、Qでも、またbirdguhlsでもありません。私や太郎ちゃんにコバヤシさんやダニさんやマツイさんの代わりはできないし、したいともおもわない。
 私たちは私たちのことをやっていきます。

 ただ私は、あの夜うちすてられたギターのうつくしさを、今も夢にみる。

 ここでおわったらきれいだったですよね。
 あのうそいで、話の腰おるようでもうしわけないのですが、まずはみなさんがAfrica聴きながらこれよんでたかとおもうとしぬほどおもしろい。
 あと、もひとつだいじな話があって、なんかこう、ブログにまとめる都合でこういうかんじにかいたんだけども、ギターはなげてるときより弾いてるときのがかっこいいにきまってます。
 私がダニさんに心酔していることは、まぎれもない事実です。そらあしかし、普通にいわゆるサウンドであるとか、プレイスタイルに影響うけとるのですよ。
 それだと四行くらいで話おわっちゃうからね。もうわかっただろう、いい年してちまちまブログつけてるような大人を一切信用するな。
 だって上記のライブ、ダニさん開幕5秒でギター破壊しちゃったから、その後ハーモニカふいたり歌うたったりしてましたからね。ほとんどギターじゃないんだもん。いやそれも最高にかっこよかったけど。

 ただ、高級な楽器を後生だいじに弾いているのよりかは、たたっこわすいきおいで弦になにかをぶつけてるほうがサウンド的にもすきということだけはたしかです。

 ギターは便器ほどにじょうぶでないので、どんなに丁寧にあつかっても演奏するかぎりにおいてはすこしずつ消耗していきます。
 くもりやよごれを磨きおとし、棹の反りをただし、すりへった部材を交換し、ギタリストは愛機との年をかさねていきます。
 それはたいへん趣ぶかく、とうといさまにおもわれます。
 ただ、演奏の場においては、今夜かぎりでおまえとはおわりだ、といわんばかりの気迫、暴力性がほしいのです。
 その速度はそのまま音にかわっていきます。

 金属倍音、まとっていく。

逆らい続け あがき続けた 早く田中になりたかった

 茨城、というのはあまり人間のいない場所としてよくしられていますが、なぜかそこに恩人がいます。
 と私に高級な果物や肉料理をごちそうしてくださったり、done on (a) NEET rockのリハでメインにしている非常に鳴りのよい楽器を2万でゆずってくださったり、足をむけてねむることができません。
 このお方のお宅で私とは、いつものように完全に酒池肉林となり、心身ともにいい意味でくたばりかけていました。
 そういう状態で、ちょうしづいて私は恩人所蔵の高価なギターを手にとり、びしゃびしゃとかきならしはじめました。
 わたしのカッティングのフォームがあまりにも非人道的なので、とっさに恩人が指南してくださいました。
 「あの、ピックをやわらかくもってください。今手首に『返し』がないから、ダウンしかないから。(実演しながら)この動きを意識してください」
 この瞬間、おそらく私のもともとツッている目がV字回復のきざしをみせはじめたことと想像されます。
 「……別に『返し』とかいらないんですよ」
 「あ、ええとでも、そのフォームで二時間振れますか?」
 「振れますよ。こればっかやってるんで」
 「そうですか……ええと、そしたら、この辺(ブリッジ寄り)にピックあててください。そこでやっちゃうと音が暴れるんで」
 「この音がほしいからいいんですよこれは」
 「ああじゃあもうそれ、ギターというよりノイズですね!? ギターウルフですね!」
  「……そうですね」
 恩人は人生の大先輩なので、私の無礼にも動じず、なんとかその場をとりなそうとしてくださっていました。
 にもかかわらず、おそらく私の表情はかたいままでした。
 後にも、あの場に私が走らせた緊張について言及していました。「どんどん機嫌わるくなってたね」と。

 この際ひとこともうしあげておきます。
 その節はもうしわけありませんでした。しんでおわびします。
 恩人はプロのミュージシャンです。パートはキーボードですが、ギターの腕前もプロ級です。
 そういう方が親切でしてくださったありがたいアドバイスにたいしてこの態度。のびない初心者の典型です。

 ピックをふわっとのせたかろやかなカッティングは、恩人のおっしゃるままにできているかわかりませんが、私もやります。つか声がほそすぎて、よわめにきざまないと自分の声がきえる。
 そういうフォームで演奏される音楽が世の趨勢をしめていることは私とて重々承知しております。
 しかしそのときの私は、朦朧とする頭で、自分のアイデンティティにふみこまれたような気がしていたのです。  私にきざまれたたしかな音楽の記憶が、拒絶反応をしめしたのです。

www.youtube.com

 その男は、ダニ、とよばれていました。たぶん姓である「林谷」の「谷」をにごらせたものです。
 ダニさんはQという伝説的なガレージロックバンドのボーカルでした。
 Q。ほんとうに最高のバンドでした。他の追随をゆるす部分はひとつとしてありませんでした。
 Qは4ピースで、コバヤシさんというギタリストを擁していました。このコバヤシさんが失踪してしまい、Qはその歴史に幕を引きました。

 のこされたメンバーはコバヤシさんを欠いたバンドのあり方を模索するため、フリーインプロヴィゼイションをはじめます。
 これが稀にみるガチンコのフリーで、なにがでてくるか本人たちすら一切想像がつかないという、エキサイティングなものでした。

 4人の音をつきつめたQですが、のこった3人は演奏のスタイルとともにその空気をもいれかえ、周辺で音をだしている人間をどんどんまきこむスタンスにきりかえました。
 旧Qを母体としたこのセッションを、かれらはbirdguhlsと名づけました。

 Q~birdguhlsのドラマーであるミカミさんが、私と太郎ちゃんの共通の友人でした。
 その縁で私たちも、birdguhlsのスタジオやステージにくわえていただくという幸運にめぐまれました。
 そこで私はえがたい貴重な経験をいくつもしました。

 ミカミさんは、この世で一番でかい音でスネアをたたく男です。ミカミさんの演奏で、私は限界までうちならされたドラムが、透明でうつくしい音色をかなでることをしりました。
 ダニさんはQ時代からその活動と並行して、ギターをかかえてフリーのセッション界隈に顔をだすようになっていました。そんなこともあり、birdguhlsでは基本的にギターを弾いていました。
 ベーシストだったマツイさんは、楽器をALESISのMicronにもちかえ、Qとはまったくちがった音像をbirdguhlsにもたらしていました。
 ベースが空席になったので、様々なベーシストがセッションにさそわれました。それで、太郎ちゃんが顔をだすこともあったわけです。

 さて、私はどんな音をだしていたのでしょう。
 当時の私は、コンピューターミュージックに傾倒していました。
 若さもあり、いま以上に反骨精神の塊でしたから、ラップトップミュージシャンの鉄板であるMacBookProは買えずえらばず、ASUSEeePCというインターネットとメールしかできなさそうなつらがまえのマシン、型落ちのKAOSS PADZOOMのサンプラーGuyatoneの卑猥な色のアナログディレイなどの格安機材をハードオフでかってきた得体のしれないミキサーにぶちこんでギターアンプにつなぎ、この世のものともおもえないノイズを発する、というスタイルでした。

 このあと、まあご想像どおり私がダニさんのギタープレイから多大な影響うけたって話が延々つづくんですけど、長くなってきてよむほうもいいかげんダルいとおもうんで稿わけます。

 昔話で字数をかせぐ。
 歳をかさねなければできないことだ。

ギター殺人者の田中

 リハスタで、なかなかおもいどおりのトーンがつくれません。Yahoo!知恵袋みたいなかきだしになってしまった。
 大丈夫です、なやんだり病みはいったりしてるわけではありません。べつに近日中にライブやレコーディングがひかえているわけではないのです。
 メンバーから「うわ」「なんかひでー歪みだ」などと苦情をうけ、自分でもそうおもいながらやっていっております。

 ままならぬ、というのもそれなりにたのしい状態です。つまりそれは、試行錯誤の余地があるということです。
 進化の歴史は試行錯誤そのもの。ガチャは地球型生命体の本分です。
 つきあいはじめの女の子となかなか阿吽の呼吸になれなくて、ギクシャクしてるのってたのしくないですか。
 まあ私が交際しているのは埼玉からきたごついプリアンプだけども。

 かくことがないので、ギターにかんする私の考え方をかいておきます。
 今までなにも考えていなかったから、新たに考えなければならない。

 およそギターとよばれるものは、弦になんらかのインパクトをあたえると、振動をはじめるというしくみになっていましょう。
 世の中にはそうでないものもあるかもわからんが、個人的にそういうものを部屋におきたい気もちはあまり起こらないきがする。

 エレクトリックギター、いわゆるエレキにおいては、弦が直接ひきおこした空気の振動を「生音」とよんだりします。この生音は威勢のよい放屁音よりもはるかにちいさい。
 自室で練習やら作曲やらをおこなう折など、私はこの生音のみをききながらしていることがほとんどです。
 これはもちろん機材の電源をいれるのが億劫だから電気的な圧縮・歪みのまったくおこらない生音だとボイシング、各弦のバランスがわかりやすいからです。

 もっとも、生音でのみおのが演奏を確認するという状況は、一般にデメリットのほうがおおきいようにおもわれ、他人にすすめるものではありません。自分でもやめたほうがいいとおもう。
 なんとなれば、弦振動が電気信号に変換されておおきく増幅され、また往々にしてダイナミクスが圧縮されるエレキギターにおいては、意図しない弦の振動をいかに抑制するかということが非常に重要になってくるからです。
 これらのノイズとしての弦振動が生じているか否かということは、生音では判別しづらいことがままあります。
 すなわち、アンプつないでひずましてみたら余弦鳴り放題というようなことになる。
 いわゆるギターアンプをドライブできない住宅事情がある場合においても、アンプのヘッドフォン出力、もしくは、近年著しく発達したアンプシミュレーターとよばれる機材などのプロセッサーを活用してアンプサウンドのヘッドフォンモニター環境を構築し、増幅された音色を確認しながら演奏することがのぞましいです。

 さて、のっけから一般的にのぞましいとされていることを敢えてしない、という私の基本的思想、その荒々しいスタイルがあきらかになりました。
 賢明なる読者諸兄は当ブログの開設当初からおきづきでしょう。しかし、ここで一般的な意味であまり読む価値のないブログであることが改めて露呈したかたちとなります。

 しかし、私には言論をとおして闇をてらす使命があります。私は光です。
 次回以降、私がいかにギターを弾けないか、という資本主義の歪み、格差の現実について、稿をあらためて赤裸々にかきついでいこうと思います。

www.youtube.com

 ハードルさげじゃねえ。
 次元のちがい、みせつける。  

田中の夢は夜ひらく

 2月になりました。心機一転、ブログデザインも一新! たのむからなにごともなかったかのようにかかせてくれよ。

 このブログが設立当初より一貫して範としているブログが、キュウさんことクハラカズユキさんの「日々もろきゅう」です。
 いや、彼のようにユーモアたっぷりの日常描写のはざまに生真面目で一途でうつくしい言霊をひらめかせる、などという芸当は私にはさかだちしても不可能なのですが(ゆびさきから骨の髄までふざけているから)、これだけでもコピーしたい、とねがってやまないのが、その更新頻度です。
 いくつものバンド・プロジェクトをかけもちし、日本全国をとびまわるタイトなスケジュール。
 ご友人や関係者の方々との活発な交流。あるいはたいせつにされている、ご家族との時間。
 そんな濃密な、いや、過密な日々の合間をいったいどのようにして縫っておられるのか、すさまじい更新頻度をたもっておられます。
 まさに疾風怒濤のドラムプレイのごとき更新ぶり。

www.youtube.com

 かくて私は「2日に1回」という更新ペースを目標にかかげ、更新できなかった日のぶんは後日かいて補填する、という方針で運営してまいりましたが、ごらんのとおり破綻寸前です。
 本来ブログ執筆にあてる予定だったまとまった移動時間を睡眠についやしてしまうというパターンがおおくなってきた。
 しかし、私の辞書に撤退の文字はありません。人生にひきぎわなどというものはないのです。
 おつきあいください。

 それにしても、さきほど、昨日が〆切の某プロジェクト用リフを突貫工事でこしらえていたのですが、ブログ一本書くよりリフ一個こさえるほうがはやいのな。
 ま、そらあそうか。本業だし、それはそうなんだけども。
 だとすると、ブログなんかかかねえで延々リフつくってたほうがバンドのためなんじゃないか私は。
 しかし、私はバンドのためにいきてるんじゃないからな。私がいきるためにバンドがあるんだから。

 ようするに、バンドの連中が交代で私のブログを更新してくれればいいのです。むしろそのほうがおもしろいんじゃないか。
 おまえたちの魂の声をきかせてくれ。

ヤックデ田中

Q1 ブログに好きな楽曲の歌詞を書き込んでもいい?
YES? NO? どっち!?

× No!
個人のサイトであっても、また、一部だけでも歌詞を掲載する場合は著作権者の許諾が必要です。
家族や友人など限られた人だけしか閲覧しない場合でも同様です。
※外国曲の歌詞(訳詞を含む)や楽譜を表示する場合(可視的利用)は、JASRACでは許諾できませんのでご注意ください。
※ブログサービスの運営事業者が、JASRACなどの許諾を得ている場合、個人ユーザーが個別に許諾を得なくても歌詞掲載が可能になりました。詳しくはこちらをご覧ください。
著作権法上の要件を満たす場合は、歌詞の一部を引用(*)することができます。
(*)参考サイト
著作物が自由に使える場合(文化庁 | 著作権 )

「これ知ってる?」 著作権にまつわるギモン:ブログ(JASRAC PARK)

 しってしまいました。著作権の味。

 では、ブログで他人の歌をうたいたいときはどうすればよいのでしょう。
 これ以上文献にあたるのはおっくうなので、憶測でやります。
 だいたい私がここに資料を引く、というのは、みなさんが各自ぐぐるという工程を私にアウトソーシングする、というかたちになるだけです。
 冗談じゃない。私はsiriではありません。
 私は人間です。肛門といっしょにしてもらいたくはない。
 なればたんなる憶測にこそ付加価値がうまれましょう。私の憶測には人類史700万年のロマンがある。

 そもそも、歌詞とはなんであったでしょうか。
 というより、なにが歌詞なのでありましょう。

 まずは、歌詞カードにかかれた文言。これは、名実ともに確実に歌詞でありましょう。
 これをそのままひきうつせば確実に映画泥棒みたいな末路をたどることになる。すなわち、全国的な知名度と人気をえることになる。
 ふつうの女の子にもどりたいので、これはなんとしてもさけたいところです。

 私がきいたままをかきおこした文言。これを歌詞でないといいはるのも、いささか無理があります。やはりこれも、多分に誤記をはらんだ歌詞、ということになりましょう。
 公式のリリースと一字一句たがわぬテキストを生産してしまう可能性すらあるのです。

 それでは、かきおこしにしても、他の人が読んでも歌詞だかなんだかわからないかたちにおとしこまれた文言にかんしては、どうでしょうか。
 そこまでS/Nのわるい情報は、もはや歌詞とはいえないのではないか。

 こたえがみつかりました。
 これなら、JASRACさんのメンツもたてられるというものです。
 やはり、将来的にレコード大賞の受賞などを視野にいれている私としては、JASRACさんに対してはいまからしっかりと筋をとおしておきたいのです。

 それでは満を持して、合法的にうたわせていただきます。

 わるきゅうれがとまらあくっくっとぅー♥
 わるきゅうれがとまらあくっくっとぅー♥
 わるきゅうれはとまらあくっくっとぅー♥
 うぉおきまじぇえ こすみっくらあ てえええいくあああああう
 ああぁ~おしえてぇ……

  www.youtube.com

 感動した。
 アニメみてないし、さいしょ鳥貴族のトイレできいたんだけど。
 どんな場所にだって、音楽にであいにいくんだ。

広告を非表示にする

田中の色は 移りにけりないたづらに(強制労働ツアー1)

www.youtube.com

 こんばんは、斧ヨーコです。低評価をいれるんじゃない。

 みなさんは、斧をにぎったことがありますか。
 斧んのんをにぎったことはあっても、斧をにぎったことはないのではないでしょうか。

 人という字は、人と人がささえあっている。斧という字は、父を斤がささえています。
 私は、女性の乳を手でささえたいです。女性の乳には、私のささえが必要だとおもう。
 まだ、ここにない、出会い。

 東京生まれHIPHOP育ちの都会人には、斧の実物を目のあたりにする機会がありません。
 銃・ナイフ・麻薬・覚醒剤。このようなものはHIPHOP育ちのみなさんは子どものころから慣れ親しんでいることでしょう。しかし、斧はちょっとイメージがちがいます。
 ある程度の斧ならホームセンターでも入手できましょうが、HIPHOP育ちの生活圏にホームセンターがなさそうなのです。
 ああでもセンター街にハンズがあるか。

 正直者の木こりがえらんだのは、鉄の斧でした。
 しかし、いくら鉄の斧とはいえ、柄まで鉄製ではなかったのではないでしょうか。
 この日。私が雪ののこる那須高原でふっていた斧は、柄までがっつり金属製でした。
 わけのわからない重量があった。

 この業務に従事した結果、腕があがらなくなり、ブログがかけなくなりました。
 労災としかいいようがない。

 なぜ私は那須フルメタル斧をふりまわしていたのか?
 いったいこの日、私の身になにがおこったというのか?
 それはまた、かくことがない日にあらためてかいていこうとおもいます。あと4日ぶん書かないと今日においつかないんだよ。
 インターネットをおきざりにした今をいきろ。

新宿田中物語

 そろそろ太郎ちゃんを紹介しなければなりません。

 太郎ちゃんこと、アンダーバー太弄ちゃん。
 われわれ田中兄の従弟にあたります。一族の者です。
 彼には、田中ポセイドンペニス※という親からもらった立派な名があります。(※TPP
 にもかかわらず、なぜ太郎ちゃんなどというファンシーな名をなのっているのかは、よくわかりません。
 伝説にもとづいている、ともいわれています。
 これにかんしては公衆浴場などでの目撃情報が複数あり、その信憑性はきわめてたかい。

 この日私は、従兄の強権を発動して太郎ちゃんを高円寺によびだしました。
 田中一門においては、年長者の指示は絶対なのです。いかに二倍の巨根とはいえさからうことなどできない。

 私が高円寺に行く用事などひとつしかありません。

 小銭がはいるとすぐ高円寺にすいよせられて益体もない機材をかってきてしまうのですが、太郎ちゃんは滅多なことではそういったものを買いません。
 草の根のSGタイプ一本で15年間通しています。私も彼とのつきあいとおなじ時間だけこのベースをみていますが、こいつがまったくこわれる気配がない。
 エントリークラスとはいえそこは超能力、ジャパンブランドの貫禄ということなのでしょうか。

 ある種の日本の工房にみられる無愛想なルックスの傾向、すきです。
 オシャレにしようとするとスベりがちなので、どこまでも無愛想なままでいてほしいです。黒いハコ、たくさんのツマミ、ダサいロゴ、以上。みたいな。
 満を持して大学デビューしたあの娘にトキメかなくなってしまうような気持ちといいますか。
 ただ、例外的に遠目にも残念っぽい人物の絵が描いてあるのとかはかなりトキメきました。
 やっぱこれほしいな。

www.youtube.com

 このシリーズ、音もすごくすきなんだよね。
 しかし、この日はこれではなく、シリーズ最新作を入手しました。中古美品。
 切り替え式になっている歪み回路三種類とブースター、さらにゲインブースターとベースブーストを搭載したハイスペなペダルになっていますが、残念っぽい人物の絵は廃されてしまった。
 私ならその三種の神器を備えたモンスタースペックがわかりやすいように残念っぽい人物を三人描きます。
 私がデザイナーでなくてほんとうによかった。

 太郎ちゃんとは「砂糖鳥」というバンドをやります。
 こちらもdone on (a) NEET rockともども、よろしくおねがいいたします。
 リリースやライブの告知を無視すると、よくないことがおこる。

広告を非表示にする