読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

シンボル シンボル 田中のシンボル

 この日は、太郎ちゃんの誕生会でした。
 太郎ちゃんの誕生日は8日でしたが、やはり花金のほうが遺憾なくのめようということがあり、秋葉原に討ってでて、はなばなしくその命をちらしました。

 太郎ちゃんとは、いかなる人物であったでしょうか。
 いつもは、そのデリケートゾーンの話しかしていませんが、今日はその人物、そしてその音楽に、せまっていこうとおもいます。

www.youtube.com

 おいなんなんだこの動画は。なんか素敵っぽい女性ミュージシャンと居間みてえな生活感すげえとこでリア充リハしやがって。次の誕生日がこないようにしてやろうか。
 ならんでウクレレなぞひきよってからに。その楽器AV GARAGEにうりとばすぞ。ピキーなあにがアメイジング・グレイスか、男はだまってペニスペニスアトミックペニスPPAP)。

 I have a Penis.
 I have a Penis.
 Ah…Long Penis.

 こらえましょう。ロングペニスこらえましょう。今回は誕生日の祝いなのです。

 太郎ちゃんは、18までを水と空気がきれいな場所ですごしました。

 こと雪の季節などは、彼の故郷はうつくしい静謐でみたされています。
 しずまりかえった空気の底で、そしてあたたかくて音楽と芸術をあいする家族にかこまれて、彼の深度のある耳ははぐくまれました。
 それは音楽家・音響家としての彼の核です。

 アコースティック楽器、あるいはハイオーディオによる繊細な表現から、そこらへんにころがってる雑な機材での暴力的な表現まで、自在にこなします。
 それぞれの響き、そのダイナミックレンジを感じ、手懐けることができるのです。
 つめたいしずけさをその耳に知っている人間にのみ、なせることです。

 それはまた、彼の人間性でもあります。
 私のごとき足立の外道から、動画にでてきたような気鋭のアーティストたちまで、彼をしたう人間は数知れません。
 人のさまざまなあり方をやわらかくうけいれ、みまもる、彼の懐のふかさです。

 また、近年の特筆すべきこととして、彼のベーシストとしてのめざましい成長があります。
 こういういいかたはたいへん僭越なのですが、いやまあみんないってっからいいだろ、ここ数年でマジにおどろくほど上手くなった。やばい。

 太郎ちゃんとは、みじかくないつきあいになります。
 であった当初からともに音楽にかかわる者どうしではあり、また、ときにバンドを組むなどのこともありましたが、さしたる切磋琢磨をするでもなく、のんべんだらりと音をたれながすことを(おそらくは互いに)こころよく思っていました。

 今の私たちはちがいます。
 音出しは真剣勝負であり、クリエイティブであり、至福のときです。
 ふたりで楽器をかかえていると、耳慣れぬ音がかぎりなくこぼれてきます。

 これからもよろしくたのむな。
 砂糖鳥、やっていく。

君は誰とキスをする わたし それとも田中(スリランカ熱闘編2)

 いずれにせよ田中だ。
 結局のところ人生、どの田中にキスをしていくかという問題でしかない。論点が整理されてきた。選ばれたのは、綾鷹でした。

www.youtube.com

 ファーストキスをおぼえていますか。
 スリランカ熱闘編第2回は、ファーストキスについてかたっていきたいとおもいます。
 キスはまさに、くちびるとくちびるの熱い闘い。チュー央アジアなのです。
 ちなみにスリランカは「南アジア」だそうです。スリランカ空気よめ。

 私のファーストキスは、どういったものだったでしょうか。
 その相手は、どういう人だったのでしょうか。

 ファーストキス。従妹とでした。
 生々しいのでこの話はやめます。

 なれば、なればこそ。現実のファーストキスにひとにつたえたくない類の最悪なリアルさがあったればこそ。
 私のファーストキスは、本来どうあるべきだったのでしょうか。

 戦後72年。
 折しも天皇陛下が、退位へのお気持ちのつよくにじむコメントを発表されました。
 この国の行き方。あたらしい皇室のあり方。
 それをみさだめるためにも、いまひとたび、過去に検討をくわえることが必要なのではないでしょうか。
 過ぎし日々の上にしかたてない。それが私たちなのです。

 それがファーストキスであれ、ラストキスであれ。キスには、相手が必要です。
 これはキスというものの構造的な本質であり、また最大の欠陥でもあります。
 すなわち、キスしたくてもできない、というキス弱者、キス格差を生む元凶であるのです。
 資本主義というコンセプトそのものが、格差をうみだす原因であることとにています。全身でよむ価値のないブログであるということを表現していけ。

 キスと卓球はひとりじゃできない。福原愛さんの名言です。ウソです。でも、今の愛ちゃんならいいそうじゃない?

 理想のファーストキス、というものを考えたとき、まずはその相手先の選定からはじめるのが本道であるようにおもわれます。
 それはやはり、神木隆之介くん、ということになっていくのであろう。歯ァ歯ァ歯ァ立てるな。(?)
 小学校高学年くらいで、神木隆之介くんと一回だけものすごいキスして、彼とはそれっきり、友達づきあいさえなくなるんだけど、それをはかなくもアイデンティティの根幹をなす鋭い記憶として後生抱えて生きていきたい。生きていきたくない? 春先はおかしなやつがふえるよな。

 あっ今まとめの一文おもいついちゃったので、いささか唐突ですがこの話はここでおわります。さようなら。

 人生って、理想のファーストキスの相手をさがす旅なんじゃないかな。

そんな田中に騙されて

 がHIROSHIになったというので、記念にのみにいったのです。そういえば。
 スリランカに出国するまえの話です。時系列からときはなたれろ。

 HIROSHIは、誰でもなれるというものではありません。
 すこしまちがえるだけでHIROSHIMA)になってしまいます。なったらなったでそれなりにまた光もらっちゃったりする道もありましょうが、がめざしていたのはHIROSHIなので、そういうわけにもいかないのです。
 武士に二言はありません。HIROSHIになるまで敷居をまたがぬといって、は家をでたのです。
 そのままのりすごして代々木上原までいき、駅前にネカフェがないといって野宿したらしい。タクシーをつかわんか。

 三年かかってHIROSHI論文というものをかきあげ、弟はようやくHIROSHIとしてみとめられました。
 音楽のHIROSHIです。

 音楽のHIROSHI、といいますと、個人的には鍵盤奏者のイメージです。
 ジャズの大御所南博さん、近年おしくもなくなられた名手佐藤博)さん、ライターとしても大活躍している高山博さん、「何も言えなくて…夏」の下ハモでおなじみTHE JAYWALK杉田裕さん、そしてピアニスターHIROSHIさん

www.youtube.com

 祝賀会には、件の倭苦倭苦さん燃えるいい女のコンビをまねきました。
 燃えるいい女が関西に移転してしまうため、壮行会もかねた盛大なものとなりました。

 のみの内容はのみすぎておぼえてない。

田中からダイオキシン!!

 世の中には、二種類のブログがあります。
 築地市場移転問題について言及するブログと、しないブログです。

 既にかたりつくされたこの問題について、社会派プロブロガーとしてあえて今ひとたび、筆誅をくわえようとおもいます。

 前都知事はもとより。現都知事すら、なにもわかってなどいないのです。
 カネと権力の亡者のようなおえらがた。かれらが、ただただおのが欲のために人をふりまわし、なしたいことをなすばかりの修羅。
 まこと現し世は、無明の闇。みわたすかぎりの東京砂漠です。

 魚のきもちを考えている人間など、ひとりもみあたりません。

 市場の主役は石原さんでも小池さんでも、ましてや舛添さんでもありません。
 そういえば、猪瀬さんという方もいました。五千マンとして、宝くじのイメージキャラクターをつとめたひとです。ほんとうにやらないかな。

 市場の主役は誰であったでしょうか。それは、魚たちにほかなりません。
 水清ければ魚棲まず、ともうします。

 豊洲の地下の水は、個人的にはのんだことがないのでレビューはできないのですが、ネットの評判なんかでは清くはないっぽいです。
 こういうところにこそ魚が棲まうのです。
 既に耳のはやい魚は続々と地下空間にあつまってきているとききます。

 築地市場はいますぐ豊洲の地下空間に移転すべきです。
 さもなくば、なんのための空間だかわからない。ただただきたねえ水が溜まっている空間ということになる。
 そんなのかなしすぎるじゃん。

 しかしここで、さらに魚のきもちを慮ってみましょう。活造りにされてピクピクしているかれらのうつろな目には、なにがうつるのでしょうか。
 まずもってそこに、しにたくねえという存念、かれらの生への執着、その無念がある。
 はたして人は、魚をころしてもよかったのでしょうか。なぜかれらは、人の手によって討たれねばならなかったのでしょうか。
 ここに人類の傲慢、すくいようのないあさましさがあるのではないでしょうか。

www.youtube.com

 昔よんだ釣りバカ日誌の番外編であるところの原始時代編で、ハマちゃんに相当する原始人たちが主流としている漁法が、丸出しにした自らの男性自身を疑似餌にするというものでした。いくらなんでもどうかしてる。

 はらへった。
 くら寿司いきてえ。

ブルース 口笛 田中の涙(スリランカ熱闘編1)

 この日、スリランカに旅立ちました。
 三週間にわたる長期滞在です。

www.youtube.com

 スリランカ紀行については弟のツイッターにくわしいですので、どうぞそちらをご参照ください。
 LINEなどで個人的にもうすこしくわしい内情もきいていますが、それはまた本人が直接かたる機会もありましょう。
 当ブログでは弟のスリランカ旅行を記念し、「スリランカ熱闘編」と題して、シリーズでスリランカとは無関係のことをかいていきます。
 スリランカ熱闘編。響きがきにいったんだよ。

 記念すべき第一回はGuyatone HD3 HotDriveについてです。
 ほらその、ホットドライブだので、その。熱闘ってことで。まあひとつ。

 よこはま、たそがれ。
 例によって私は先生をまっていました。先生は数時間単位で私をまたすことがある。
 馬車道からみなとみらいへとGT400をくちずさみながら散策した私は、スターバックスにたちより、そこで2時間ほどデジマートをみていました。

 どちらかというと単車よりもハイゲインディストーションがほしかったのです。
 かつては私もアン直で勝負しようとしていたが、それはそれとしてエフェクターをかうのがすきなのである。

 無数の試奏動画をみました。
 しかし、これといったものがみあたりません。サウンド的にはみあたるのですが、ブティック系だかなんだかしらんが、やたらと高い。
 だいたい試奏動画などというものは、使用楽器、使用アンプ、使用マイク(携帯のマイクで録るなーっ!)、すべてバラバラで、およそ比較検討の参考にはならないのである。
 みんなギターうまいし、カネもってそうだし。クッソ。

 フテた私は、よしひとつ試奏といふのをやつてやろうぢやあないか、というきもちになりました。
 ヘタだからして、店頭での試奏はどうにも苦手なのですが、このときばかりは平和な楽器屋の店頭に死の弦切りカッティングを轟かせてやりたくなったのです。

 普段の試奏の際はたいてい、なにかの曲をひくでもなく、susなんとかとかaddかんとかみたいなコードを適当におさえ、へぽろ、ぽろぺ、となさけないアルペジオでお茶をにごします。
 実際、たいてい内心では試奏する前から買う決意がかたまっているので、ありえないノイズが乗ったりとかそういった返品レベルの不具合の有無を確認するだけでよいのだ。

 太郎ちゃんと高円寺の楽器店にたちよった際にかぎっては、たまたまアタマのネジがゆるんだ舶来ファズをみつけてしまいました。
 このときばかりは私の脳内物質のリミッターもはじけとび、叩ッ切りストロークでご近所を震撼させました。突如豹変したので、店主が目をむいていた。
 他のものをかったのでこのファズはおいてきましたが、バンドメンバーから苦情をいわれたい向きにおすすめです。

 この日もなにかこういった類の暴力クソ試奏をし、ことによってはそのままいきおいで購入してやろう、などとかんがえたのです。

 マークイズみなとみらいに、島村楽器がはいっているということでした。
 いったことはなかったのですが、荒んだ歪みのひとつもおいているでしょう。
 リボルバー・ジャンキーズを口ずさみながら、足どりもかろやかにそのショッピングモールにむかいました。

 エフェクターは、ひとつもありませんでした。
 マークイズみなとみらいの島村楽器は、クラシック楽器の専門店だったのです。

 エフェクターをふみちらかしてやるという私の目論見はここにうちくだかれました。
 ピアノのペダルふむとリバーブみたいなのかかるが、いきおいつけて買っても置き場がない。

 すっかり目の据わってしまった私は、もよりのベンチにいきおいよく腰をおろすと、おもむろにラップトップをひらきました。
 そうして、ハイゲインディストーション選定作業のつづきをはじめました。
 今度は絶対に今日ポチるという強度桁違いの意志でもって臨みました。

 数日後、私の手もとにはかわいらしいまっかなディストーションがありました。
 現在[※いつ?]、HD3は砂糖鳥のリハで大活躍しています。踏んだ瞬間からハウりだすセッティングにしている</bので、エモくるしいことこのうえない。

 どうしてこうなった。
 ぜんぶ先生のせいだ。

ドキッ! 田中だらけの水泳大会

 なんのまえぶれもなく唐突にはじまったこのブログも、今日ではやふた月。
 このあたりで、ブログをいろどった人物のかずかずを一度整理したいとおもいます。
 これは字数稼ぎとかじゃなくて一回やったほうがいいとおもうんだわ、まじで。

<田中一門>
 関東一円に勢力をひろげる鳥貴族。財務基盤に一抹の不安がある。酒と女性によわい。

:当ブログ管理人。2日に1度のブログ更新作業におわれながら、複数のバンドの準備に奔走。趣味は遅刻
:ドラマー。某有名バンドを辞して以来、サポート演奏、バンド再開準備など、地道な活動をつづける。兄をギターボーカルに迎えた自身初のリーダーバンドdone on (a) NEET rockを準備中。趣味は酒乱
太郎ちゃん:ベーシスト。音響のプロとしてさまざまなプロジェクトにかかわるかたわら、プレイヤー・コンポーザーとしてもはばひろく活動。兄らとのスリーピースバンド砂糖鳥を準備中。趣味は巨根


馬並み:太郎ちゃんの息子
ジョー・サトリアーニ:兄の祖先

<一門の周辺の人物>
 実はあまり田中にはかかわりたくないとおもっていたり、そうでなくてもブログのネタにはしてほしくないとかんがえているかもしれないが、もはやておくれ。

田中ならざるもの:done on (a) NEET rockの紅一点、ベーシスト。リハ中にうっかり落涙したため、即座に当ブログでネタにされる。
ミカミさん:ドラマー。アーティスト・映像作家としての活動の傍ら、兄・太郎ちゃんとの砂糖鳥で数年ぶりにバンド活動を再開。最近フェースブックなりすまし被害事件がおきたが、実際には同姓同名の別人のアカウントに友人知人が勝手に友達申請しただけ。他人のミカミさんは大学同期のチャットにまで追加され、まったく関係のない教授退官記念のイベント告知などを延々よまされていた。

先生たまに出てくる傍若無人な人物。今後活躍予定。
楽器店の店主親切。
恩師那須の豪邸に田中一門をまねいて歓待するが、兄の遅筆のせいでなんの先生なのかすらまだかかれておらず、当ブログではまだ田中一門の排便のボトルネックにしかなっていない。今後もたびたびご登場ねがう。
恩人:農園主にしてプロミュージシャン。田中兄弟の支援者。老婆心から兄のカッティングのフォームを矯正しようとするも、逆ギレされる。
ダニさん:兄のギタープレイにおおきな影響をあたえた鬼才。ミカミさんらとのQ、その発展系で兄もかかわったbirdguhlsでギターボーカルを担当。
東大バイオ超並列セックスコンピューティング(通称:子宮シミュレータ):わかき天才科学者。弟のセックスレス対策に分子生物学的なアプローチでとりくむも、セックス店長(後述)からの圧力に屈する。
ポイマン:あらゆる楽器をひきこなすナイスガイ。田中兄弟には楽器・アンプを毎日のように我が物顔でつかわれる、大量の餃子をつくらされるビッグデータ分析技術を応用した競馬予想システムをつくらされるなど、奴隷のように酷使される。
シヴァ神くん:破壊と再生をつかさどる後輩。ピアノの名手で、恋愛事情通。
倭苦倭苦さんメディアアーティスト。もと相方の性欲ゴリラグマ(後炉利上皇)が離婚後三ヶ月でスピード再婚していたことをしって激怒し、核開発にのりだす。
燃えるいい女:毒舌公務員。兄をして「自分より口がわるい」といわしめる。

<一門に敵対する勢力
 田中兄弟を亡きものにし、東東京の覇者たらんとする者たち。

セックス店長:田中一門と東大バイオ超並列セックスコンピューティング(通称:子宮シミュレータ)を店からおいだそうとした。当然だとおもう。
工作店員夢挑戦(夢に挑戦民主主義人民共和国)の工作店員。兄の目のまえにワイングラスをおとし、ガラス片で殺害しようとした。暗殺失敗の咎で、のちに本国にて粛清される。

<きれいどころ>
 田中一門につきまとう、妖しい女たちの影。そのほとんどが完全な妄想

ゾノ:2016年の漢字。表記不明。
由愛可奈さんに似た感じの売り子さん新幹線にいた。
柴咲コウさん:おんな城主。夢で弟のストーカーへと身をやつしていた。
球界の俵万智歌人兄の通称。
ラニア夫人:ファーストレディ。昇天した。
斧ヨーコ:アーティスト。低評価のおおさに憤慨している。
小池都知事:第二十代東京都知事雑な時事ネタ。
ポル子:後輩。妄想。
アンナ アウグスティナ:ミュージシャン。ギター 神。
  www.youtube.com

カナちゃん:本文未登場。美人コスプレイヤー大正義。
ポルトガル春麗:本文未登場。ポルトガルの美人コスプレイヤーの大正義。

衆道関係>
 みなさんおまちかね。

:以前に兄と共演した際、「今夜のギャラとしてこのあとこいつに尻をかさなければいけない」というMCで紹介され、約束がはたされていないからか、根にもっている。
神木隆之介くん日本アナルきれいそう党代表。兄のオカズ。
Gacktさん長尾景虎。後の上杉謙信。兄のオカズ。
ジェンダーレス男子ちゃん:テレビにでてきたカワイイジェンダーレス男子。彼の影響で毎日豆乳をのみはじめた兄だったが、のみすぎて胸毛がはえてくる。
広川さんゲームクリエイター・イラストレイター。当ブログにリンクを張っただけでここに紹介される。

 まだまだふえる登場人物。これからも当ブログをよろしくおねがいいたします。
 はじまったばかりだ。

オ前達ノ父母兄弟ハ田中トナルノデ皆泣イテオルゾ

 2月26日です。

 81年前のこの日、いわゆる二・二六事件が起きました。
 その一ヶ月後にあたる3月26日には 三・二六事件が、さらに5月56日には呉にて五・五六事件がおきるのです。うん、わかってるとおもうけど、よまなくていいよ。

 スリランカ行きがせまっているので、リハや酒にあけくれております。おりました、この時期。
 とともに、倭苦倭苦さん燃えるいい女とをゲストに、ささやかな宴会をもよおしたのもこの時期です。

 倭苦倭苦さんはメディアアーティストで、益体もないグッズなどをこしらえてクリエイティブに生計をたてています。最近相方である性欲ゴリラグマに三行半をつきつけられて離縁されたので、ヤケクソでわくわく系のアプリにハマっています。
 燃えるいい女は、倭苦倭苦さんの親友で、私よりも口がわるいという人の風上にもおけないような者ですが、公務員で、都民の税金でくっています。
 賢明な読者のみなさんはおわかりのこととおもいますが、我々田中兄弟と同様、すくいようのない人間たちです。

 「えーでも自分、ドラマーなんだよね? ドラムってかんじじゃないね」
 燃えるいい女が少しく文化人的な風貌をみていいました。ふたりは、その日が初対面だったのです。
 「自分は映画評論家っぽい
 はすっかり意気消沈してしまいました。よくわかりませんが、映画評論家のビジュアルイメージに、夢や希望をもちあわせなかったのでしょう。
 私はちょうウケながらも、燃えるいい女にといかけました。
 「じゃさ、逆にドラムのイメージってどんなんなん?」
 「えー、ドラム、ドラムはねえ。真矢?
 「真矢さんかよ。世代かよ」(※註:同世代)
 「あーでも教順、フォルムはおなじだよね、真矢と

www.youtube.com

 この夜は終始、この調子で燃えるいい女にペースをもっていかれました。わらいつかれた。

 あの女のためになら税金はらってやってもいい。