読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

田中の海

 深夜。仕事づかれで足もとがおぼつかず、提げていた紙袋があたってガムがくずれおちます。最低。
 とおりすがりのおねえさんがしゃがみこんでかたづけを手伝ってくれました。しかし私は仕事づかれで手もとがおぼつかず、積んだ山がまたくずれる。賽の河原。
 私がしくじるたびにおねえさんがえへら、と笑います。
 たすけてもらっている身で仏頂づらというわけにもいかないので、私もえへら、と笑っておきます。
 そうしてふたりで交互にえへらえへらしながら、悠久の時がすぎました。
 今年もこうして暮れていくのだなあとそれなりに充実した心持ちにひたっていましたが、やがてガムの売り場がどうにかこうにか復旧されました。
 おねえさんもえへらえへらしながらかれぴっぴの元へもどっていきました。
 しかたなしに夜の街に重い足をカソカソひきずって下宿先にもどると、正月飾りが無事に撤去されており、安堵感につつまれます。

 わかる人にしかわからないというか、わかる人いないとおもうんですけど、深夜の門松、精神にキます。
 形と質感がイヤなのです。宇宙生物っぽいというか。
 松部分のざらつきが無理なのです。そもそも松がダメなのかもしれません。
 玄関扉のしめ飾りもダメ押しです。
 これ見よがしに「迎春」などという札がそえられており、自分が迎えられざる客、招かれざる客だということを否応なしにつきつけられます。

 ようやく正月がおわりました。
 休みでもない正月に意味などありません。七草粥もきらいなのです。

www.youtube.com

 抗正月戦勝記念に、機材を買いました。
 IbanezのES-2です。

 BBDの音色にこだわりつつも、一部の処理は潔くDSPにまかせ、現在のシーンに必要な機能をしっかりおさえつつ、ルックスとインターフェイスに凝りぬいた逸品。
 老舗の大手ブランドのノウハウと意地がつめこまれたクセモノです。最高です。抱いてください。
 今年はこれ踏んで徹底的にモテます。
 東東京(ひがしとうきょう)で息してて私にほれずにすむとおもうな。

 明日は、まちにまったdone on (a) NEET rockのリハはじめです。
 がバンドのためにかいた初のオリジナル曲のリハ。
 ES-2、たぶん踏まないとおもうけど、もっていきます。
 自慢すんだよ。

広告を非表示にする