読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

俺の部屋じゃ今日も 田中達が泣いている

 この日、の誕生日でした。
 そんなたいせつな日にブログなんか打ってられるか。
 ですから、これは後日かいたものです。

 が生まれた日のことはよくおぼえています。
 クリスマスの朝でした。

 は馬小屋で、処女のままうまれてきました。世にいう処女受胎です。
 15歳で男子校にはいるまでは処女でいたようです。
 男子校で何があったのかはよく尻ません。
 しかし、男子校での生活が彼をおおきくかえてしまったことはたしかです。
 このころから弟は、ドラムスティックをにぎることに異常な執着をしめすようになりました。

 これが、の半生のすべてです。

 人間が馬小屋で馬れる、ということは若干不自然におもわれますが、これは母親が馬であるということで簡単に説明できます。
 最近馬遊びに夢中になっているのも、母への憧憬でしょう。
  www.youtube.com

 2017年のこの日は業務を多めになし、制作で缶詰になり、そのあいだ待たせていたイタリアンワイン&カフェレストランに果てました。
 いつもはフレッシュワインしかたのみませんが、ハピバのパーリーということで真イカのパプリカソースとパプリカのミックスピクルスもテーブルにならびました。
 フツーに割り勘だったきがします。

 今がいくつで明日がいつとか、関係ねえよ。