読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

田中開張図利罪

 コリアンダーcoriander、学名:Coriandrum sativum L.)はセリ科の一年草である。パクチーなどとも呼ばれる。
コリアンダー - Wikipedia

 こんばんは。パーティー会場からおおくりいたします。
 今宵はどういったパーティーであったでしょうか。それは、字数稼ぎのためにもうすこしWikipediaをひいてからのおたのしみとしましょう。サンキュージミー

 和名「コエンドロ」は現在ではほとんど使われないものの、鎖国前の時代にポルトガル語(coentro)から入った古い言葉である。「コスイ」胡荽、「コニシ」はコエンドロが用いられる以前の呼称である。延喜式、和名抄などに朝廷料理で生魚を食べる際に必ず用いる薬味として記載がある。
 一般には、英語に従って、果実や葉を乾燥したものを香辛料として「コリアンダー」(英語: coriander)と呼ぶほか、1990年代頃からいわゆるエスニック料理の店が増えるとともに、生食する葉を指して「パクチー」(タイ語: ผักชี)と呼ぶことが多くなった。 また、中華料理に使う中国語由来で生菜を「シャンツァイ」(中国語: 香菜; 拼音: xiāngcài)と呼ぶこともある。中華料理にも使われることから、俗に「中国パセリ」(英語: Chinese parsley)とも呼ばれることがあるが、パセリとは別の植物である。中国へは張騫が西域から持ち帰ったとされ[1]、李時珍の『本草綱目』には「胡荽」(こすい)の名で記載がある。
 英名 coriander は属名にもなっているラテン語: coriandrum に由来し、さらに古代ギリシア語: κορίαννον (koriannon) へ遡る。後者の原語を指して「ギリシア語カメムシを意味する[2]」などと紹介されることが非常に多いが、これは誤りでκορίαννον もまた「コリアンダー」を指す言葉である。
 κορίαννον 自体の語源については、キャラウェイまたはクミン[3]を意味するκαρώ/κάρον (karō/karon) の関連語だとする[4]考察がある一方、「匂いがカメムシに似ている[5]」として、近縁で類似の臭気をもつトコジラミ南京虫)を意味する κόρις (koris) に関連づけられることも多い。
コリアンダー - Wikipedia

 パクチーずきはつとに有名です。パクチー食べ放題などという狂気すら感じるサービスを供する店にも足を運ぶとの由。
 前世がカメムシか、さもなくばトコジラミであったことは明白です。

 かくいう私も、パクチーには格別のおもいいれがあります。
 上京し、ひとりで外食する、ということを初めてしました。そのときはいってみたのが、タイ料理店だったのです。
 はじめて体験するつよいかおりに衝撃をうけました。それと同時に、こういうわけのわからないものをこれからはいくらでもたべられるんだ、と、胸がたかなりました。
 パクチーは私にとって、自由の象徴です。

 done on (a) NEET rockのリハに私物の楽器やアンプをかしだしてくれたり、のために競馬予想システムを開発してみせたりと、われわれ田中兄弟になにかとよくしてくれるイケメン後輩のポイマンが、パクチー餃子パーティーをひらくというのです。
 私もご相伴にあずかることになりました。

 クックパッドを参考に「食パン小籠包」をつくると、はりきって前夜から仕込みをしていましたが、何度やっても失敗し、急遽路線を変更して本格的な皮の自作にのりだすも完成にいたらず、フテていました。フテながらも、代替メニューの「タコのリゾット」を大量にこさえて待っていました。
 手ぶらであらわれた私はかけつけ三杯でこの絶品のタコのリゾットをのみ、いつも見かける女の子の顔と名前を完全にわすれて非モテ値をたかめ、あとはポイマンがどんどんゆでてくれる絶品パクチー水餃子を無限に食いながらchillしていました。

 パーティーの夜はそのようにして、平和にふけていきました。
 のちにあのような惨劇が展開されるとは、誰が予想しえたでしょう。

www.youtube.com

 その日あつまっていたのは、ボードゲーム部、のメンバーでした。
 私はうといのですが、ほらよくあるでしょう、横文字のかっこいいなまえがついたややこしくって知的っぽいやつ、アレの同好会で、ポイマンもその部員だということです。そういうことは先にいえ。
 リゾットのあとかたづけをひとりでしていたと、おくれてあらわれた私のためにせっせと餃子を茹でてくれていたポイマン、そしてそれを必死でくっていた私は、ボードゲームからあぶれてしまいました。
 私はそんなハイソっぽい遊び、ケッとおもっていたので、はじめのうちはハブられていてもなんということもなかったのですが、メガネっ娘のかわいらしい部長さんが学級委員のようにてきぱきとルールの説明をして、むくつけき男どもがそれにしたがってニコニコと打ち興じているのをみるうちにケッの方向性がかわってきて、無頼の血がさわぎ、反社会性が首をもたげました。
 私の母方の祖先は武家ですが、ゴロツキのような連中だったとききます。
 「おい、チンチロリンでもやるか」
 声をかけると、ふたりの目がかがやきました。ポイマンも競馬予想のためにコードを書くような人間ですから、そういうことがきらいなほうではありません。ましてその発注元であるにかんしては、いうにはおよびません。
 がルールをぐぐり、ポイマンがサイコロとお椀のかわりの菓子箱を用意し、清潔感あふれるボードゲーム部の部室の一角がたちまちのうちに場末の飲み屋のように殺伐としました。

 チンチロリン。あるいは、チンチンロリ、ロリチンチンともよばれる、古来のあそび。
 3つの賽の目で勝敗をきめる、なんの戦略性がたちいる余地もない、純然たる運ゲーです。
 しいていうなら、ふったサイコロが容器の外にでてしまうと負けになるというルールがあり、私は1回やりましたが、ここに若干手先の技術がとわれるといえましょうか。

 大の大人が3人。ただサイコロをふっているのでは盛り上がりに欠くというものです。
 とはいえ、賭博は犯罪。というかそれ以前に、とくに私とマジで賭ける金がない

 敗者に罰ゲームを課すことにしました。
 ここで、シヴァ神くんを紹介しなくてはいけません。やさしくて事情通、ピアノの達人でもある上、破壊と再生をも司る後輩です。
 たいへんこのもしい男で、私たち全員からかわいがられているのですが、彼の私物のワインが部室にありました。
 部室は飲酒禁止なので、飲むためにおかれていたのではありません。一時的に保管されていたもののようで、どちらも封がきられていません。
 そのワインを一本寄越せとLINEするというのを罰ゲームにしました。
 金銭よりたいせつなものをうしなう、非常にシビアな罰ゲームです。
 私などはシヴァ神くんとLINEでつながっていませんから、まずはポイマンに紹介してもらい、「いつもお世話になってます、タナカです! ところで、部室のワインなんだけど」とおもむろにきりださねばならないという極限状況です。
 ちなみにこの罰ゲームを設定したのは、私です。勝負は生命のやりとりじゃなきゃおもしろくないんだよ。

 全員ロリチンチン童貞であったため、まずは練習試合をおこないました。
 まずは、私の圧勝。最終的な収支ではポイマンが一番凹んだのですが、の異常なサイコロの弱さが非常に印象的でした。
 ネクラなので、すっかり本戦で負けた気になり、目がおよぎはじめました。
 先輩思いのポイマンがそんなを案じて「あとでおなじの買うからっていえばいいやすいですよ」とアドバイスしましたが、逆にことわりにくくなってていわれる方の後輩としては最悪です。

 いよいよ本戦。
 先輩として、人として。超えちゃいけないラインを背中にしょったタマのとりあいです。
 サイコロがころがる度にあがる男たちの「うお゛っ」「や゛はーっし」などという野太い怒声。ボードゲームの卓を囲む女の子たちが「(チンチロリンが)一番もりあがってる」と眉をひそめています。

 結果からいうと、の一方的なボロ負けでした。
 罰ゲームをやらされて後輩に引かれ、私にさんざんばかにされ(延々かちほこりつづけたら「わかったから五分間だまって」といわれた)、納得がいかないので後日ポイマンにサシの再試合をもうしこんだのですが、二戦二敗だったということです。

 やつはまじでよわい。
 一門の恥だ。

広告を非表示にする