読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国やぶれて田中あり

田中兄弟社の兄です

オ前達ノ父母兄弟ハ田中トナルノデ皆泣イテオルゾ

 2月26日です。

 81年前のこの日、いわゆる二・二六事件が起きました。
 その一ヶ月後にあたる3月26日には 三・二六事件が、さらに5月56日には呉にて五・五六事件がおきるのです。うん、わかってるとおもうけど、よまなくていいよ。

 スリランカ行きがせまっているので、リハや酒にあけくれております。おりました、この時期。
 とともに、倭苦倭苦さん燃えるいい女とをゲストに、ささやかな宴会をもよおしたのもこの時期です。

 倭苦倭苦さんはメディアアーティストで、益体もないグッズなどをこしらえてクリエイティブに生計をたてています。最近相方である性欲ゴリラグマに三行半をつきつけられて離縁されたので、ヤケクソでわくわく系のアプリにハマっています。
 燃えるいい女は、倭苦倭苦さんの親友で、私よりも口がわるいという人の風上にもおけないような者ですが、公務員で、都民の税金でくっています。
 賢明な読者のみなさんはおわかりのこととおもいますが、我々田中兄弟と同様、すくいようのない人間たちです。

 「えーでも自分、ドラマーなんだよね? ドラムってかんじじゃないね」
 燃えるいい女が少しく文化人的な風貌をみていいました。ふたりは、その日が初対面だったのです。
 「自分は映画評論家っぽい
 はすっかり意気消沈してしまいました。よくわかりませんが、映画評論家のビジュアルイメージに、夢や希望をもちあわせなかったのでしょう。
 私はちょうウケながらも、燃えるいい女にといかけました。
 「じゃさ、逆にドラムのイメージってどんなんなん?」
 「えー、ドラム、ドラムはねえ。真矢?
 「真矢さんかよ。世代かよ」(※註:同世代)
 「あーでも教順、フォルムはおなじだよね、真矢と

www.youtube.com

 この夜は終始、この調子で燃えるいい女にペースをもっていかれました。わらいつかれた。

 あの女のためになら税金はらってやってもいい。