悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

エレクトリック・田中ランド

 ジミ・ヘンドリクスにたいする各党の対応はまちまちです。

 おおむね、下記に大別できるとおもわれます。

 保守本流:ジミをギタリストとして、またロックギターという潮流におけるオリジネイターのひとりとしてみとめてリスペクトをおしまず、みずからの音楽的なスタイルとの距離感にかかわらずその音楽性、およびその業績を手ばなしにたたえる。
 モテ度:-♥♥♥♥ 面倒度:—–
 2017年現在におけるジミの最大の支持基盤です。穏健派であり、良識派であり、音楽的趣味もポピュラーよりである場合がおおいです。友人や恋人にめぐまれている場合がほとんどです。チッ。

 保守傍流:ジミをギタリストとして、またロックギターという潮流におけるオリジネイターのひとりとしてみとめているが、21世紀にもなっていまさらジミでもなかろうとおもっており、また格別に聴きこんでいるわけでもないものを適当にほめるのもいやらしいとかんじており、言及しない。
 モテ度:—-♥ 面倒度:-☣☣☣☣
 ジミん党内で第二の勢力をほこる派閥です。自分があるアーティストに言及するということに過剰な意味性をみいだしてしまうロック・オタクであり(本人以外は彼の言動全般をどうでもいいとかんじている場合がほとんどなのですが)、ツンデレ状態をたもっています。最後の元カノとわかれてからながかったりする場合がおおいです。

 今太閤:ジミをギタリストとして、またロックギターという潮流におけるオリジネイターのひとりとしてみとめているが、ふだんは特に言及せず、しかし酒の席などで「やっぱ(一周して)ジミヘンいいわ」などといいだす。
 モテ度:♥♥♥♥♥ 面倒度:—-☣
 みずからは保守本流であると表明しながら、傍流をも懐柔しようとしています。総理総裁でありながら社会党公明党といった当時の野党とのパイプもふとかった人誑し、田中の中の田中である田中角栄元首相をおもわせます。複数のパートナーとの性関係を並行して持続させることが得意であるようです。

 小泉チルドレン:ジミとかふるくさいし変な衣装だし正直いうほどだともおもわないけどみんなものすごいいきおいでageているのでageとく。
 モテ度:♥♥♥♥♥ 面倒度:—–
 郵政民営化

 大西派ジミー・ヘンドリクスだとおもっている。
 モテ度:-♥♥♥♥ 面倒度:-☣☣☣☣
 この面倒度の評価は人間性にたいするそれではなく、いまさら訂正するめんどうくささです。こういう大味で愛嬌のあるひとはけっこうモテます。

 サイレントマジョリティ:ジミのよさはわからないし、なぜ世間でこうまでもてはやさているのか理解できないが、不用意にジミをdisるといたい目にあいそうなのでだまっている。
モテ度:–♥♥♥ 面倒度:—-☣
 こういう方は意外とおおいとおもいます。異性にたいしてはおおむね草食的です。

 革命左派:ジミのよさはわからないし、なぜ世間でこうまでもてはやさているのか理解できないので、積極的にジミとそのファンの悪口をいう。
モテ度:♥♥♥♥♥(※) 面倒度:☣☣☣☣☣
 実害のない個性のつよさや、同調圧力に屈さない自信はモテに直結します。※ただし、容姿に清潔感がある場合にかぎります。

 ネット弁慶:ジミのよさはわからないし、なぜ世間でこうまでもてはやさているのか理解できないので、匿名掲示板などでジミとそのファンの悪口をいう。
モテ度:—– 面倒度:☣☣☣☣☣
 モテません。

 右派:ジミファン。ジミヲタ。
 モテ度:–♥♥♥ 面倒度:–☣☣☣
 面倒度の評価がひくくおもわれましょうか。ジミはそのみじかいキャリアを通して一貫してジミでありつづけました。つまり、ドラスティックに音楽性が変化するということがなかったので、他のビッグネームのファンどうしにありがちなセクト主義的な傾向はあまりみうけられません。ロックギターの大正義のファンには、余裕があるようです。

 極右大日本帝國ハ萬世一系ノ滋味之ヲ統治ス。滋味ハ神聖ニシテ侵スヘカラス。
モテ度:—– 面倒度:☣☣☣☣☣
 しかし、そうではない人もごく一部ですがいます。ジミの悪口がかれらの耳にはいると、特高に拘束され、粛清をうけます。

 リーインカーネーション自分はジミのうまれかわりだとおもっている。
 モテ度:—– 面倒度:∞∞∞∞∞
 ジミのうまれかわりです。カルマの輪をたちきり、27歳を越えてなお存命している場合がおおいです。

 私のいいたかったことはつまり、こうです。
 エレクトリックギターというものになんからのかたちでかかわる以上、だれしもがまったくの無関心ではいられない。
 ジミ・ヘンドリクス。その男の存在はそれほど、音楽史的におおきいということです。

 かくいう私。
 はばかりながらバンドメイトからギターをもらったりする者としてギターにたずさわる私は、どの派閥に属していたでしょうか。
 そして、ここでやや唐突な印象ながら、私は何っぱい星人であったでしょうか。

www.youtube.com

 こたえは明日、あきらかに。