悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

田中オフ

 パーソン&パーソン七歳にして、席をおなじうせず。
 その孤独。ひとりの世界。ありあまる政治的ただしさ。キズパワーパッド

 みなさんが女性とであいたい場所は、どこであったでしょうか。

 私は新幹線の車内販売員と客、というかたちでぜひ、であいたいのです。よろしくおねがいいたします。
 これはその起源が幼少期にさかのぼる類の性的嗜好ですので、これ以上詳述せぬが花というものでもありましょう。そうだ 京都、行こう。

 では、女性とであいたくない場所は、どこであったでしょうか。

 断然、楽器店の試奏コーナーです。
 理由はただひとつ。演奏がヘタなればこそです。
 もっとも、このブログを通じてみなさんをライブに動員したい、という立場上、ここでみずからをヘタと断ずることには、一抹のさしさわりがあるのかもしれません。ありていにいって、チケットがさばけなくなるとこまるのです。
 なれば非試奏的である、とでも表現すればよいでしょうか。それでおおむねつたわりましょう。

 試奏的な演奏スタイル、というのがありますでしょう。
 であって2秒で「こいつ、できる」とおもわせるアレです。
 私など0.5秒で「こいつ、できない」とおもわせてしまうので、それはそれでひとつの才能かともおもわれるのですが、おなじ太陽の下でいきているのがつらいこともあるのです。
 おなじ太陽の下でいきているのがつらいことがほとんどなのです。

 かといって、試奏的な演奏スタイルといいますのは、またべつの一面としては、ええとその、まあ、ひかえめにいって○○い(正解は「エモい」でした。「エモい」の意味ですが、わかりません)ともおもわれる以上、つらさを克服するためだけにそれを会得するきにもなれない。この手をよごせない。
 私はいきるためにギターをひくのではない。ギターのためにいきているのです。

 なんの話であったでしょうか。
 私がしんだほうがマシという話であったでしょうか。

www.youtube.com

 あの日私は、思わず口角の上がるハードオフ某店にて、VOX amPlugの中野梓モデルの試奏をもうしこみました。

 応対してくれたのは、うらわかい女性の店員さんでした。

 さすがに、すこしばかりみじめな気もちにもなりました。
 私は頭からつまさきまで、全身が気色わるいアニメオタクになってしまったような錯覚をおぼえたのです。
 ちがいます。私は教ちゃんのために思わず口角の上がる小粋でやすあがりなプレゼントを買いににきただけです。だいいち「けいおん!」および「けいおん!!」は四周ずつしかみていません。
 私は無実なのです。

 しかし、メガネをかけた店員のねえさんは、どこまでもオタクにやさしいようでした。
 「あ、じゃせっかくなんで、むったんで試奏しましょうか!」
 「あ、はい」
 津川雅彦さん演じる徳川綱吉のようにいわれるままにあいづちをうち、されるがままにあかいムスタングをかかえました。
 もはや私はまな板のコイ。メガネのオタクです。

 ヤケクソ。
 ばびーん、べーん、すかすかすか、と適当にむったんの腹のあたりをひっかきまわしたり、しばいたりしました。
 VOX amPlug中野梓モデルはまったく問題のない完動品でした。
 なかなか小気味のよいトーンで、弦振動に対する反応も素直ですし、自宅練習用にはもうしぶんないとかんじられました。
 後にそれは教ちゃんとのセッションにもちいる私専用のアンプシミュレーターになり、中野梓モデルのヘッドフォンアウトからパワードスピーカーに直結するケーブルはあずにゃんとよばれるようになるのですが、それはまた別の話です。

 「あずにゃん、けっこうひずむんですよねー!」
 「あ、はい。それはもう、あずにゃんなんでね
 われながら、これはいったいどういう順接なのでしょうか。
 平沢唯さんにそっくりの生活態度の女性が現実にいるのですが、彼女があずにゃん全然かわいくない、真面目ぶってるし、余計なことばっかりいうし、こういう人間がほんとうにダメ」といきまいていたことがあって、「あっこいつ性格は全然唯みたいじゃねえ」とおもわれたということがあったのですが、このときのバイト感あふれる歪みがよぎったのでしょうか。

 「バンドとかやってらっしゃるんですか?」
 試奏をおえ、一刻もはやく代金をおいてこの場からきえたい、と念じている私に、そのような言葉がかけられました。
 他意のない、セールストークだったのでしょう。それはうたがう余地がありません。
 しかるにそのとき、その刹那。なにかが音をたててきれるのをかんじました。
 そうして私は、自分でもみたことのない自分が、胸のうちに首をもたげてくるのを自覚したのです。

 「あー僕、普段ベースなんですよ

 

 まーたながくなってしまいました。おぼえていたらまた明日。
 リサイクルショップでうろうろしてるだけのこの話、いつまでつづくんだろうね。

 リサイクルショップでうろうろしてるだけのこの人生。

広告を非表示にする