悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

美女と田中

 「あっ、ディズ○ーいってらっしゃったんですね。いいなー」

 いっておりません。

 私はいま、横浜イエケーランドにいます。きょうもアンダーノースリバーで、アルカホリカルパレードでした。
 そもそも冒頭のといかけは、私にむけられたものではありませんでした。
 つまり、横浜イエケーランドのキャストのおねえさんが、チャラついたにいさんのふたり連れにレジではなしかけていたのです。

 「私これあつめすぎて、彼氏に全部すてられちゃったんですよー。全部ですよー、全部」

 はやりの断捨離です。ナウでヤングな彼氏さんがいらして、けっこうなことです。

 「ムカつくからこないだシーいったときみっつ買いました。おまえムカつく! って。おまえムカつく! って」

 仲がおよろしそうで、けっこうなことです。

 「いまはこれです、ミ○ー!」

 べらぼうなおおきさのメスネズミです。けっこうなことです。

 ランド、あるいはシーから夜半に足立区にかえってくるようなチャラメンであるからこそ、キャストのおねえさんとかくのごときけっこうなコミュニケーションも生じうるのでありました。私のようなはぐれものなどは端にも棒にもかからぬことでしょう。
 けっこうなことなのです。私はたんに夜食をとりにきているのであって、そのようなこともそもそもこちらののぞむところです。
 心にこれ以上傷がつかないように予防線をはりながら、私はむかしディズ○ーシーで食った七面鳥の脚のことなどをかんがえつつ、イエケーのスープをすべてのみました。

 レジにおもむくと、キャストのおねえさんがにこにこわらっていました。

 「やみましたね、雨」

 て、て、て、天気の話題。 自己目的化したコミュニケーションのもっとも古典的なステレオタイプではありませんか。けっこうなことです。
 なんかこう、私はたとえば楽器をしょったりしているのですが、そっちとかは、なかったのでしょうか。

 「あーでも傘さしてる人いるなー」

 しかもなんだか、判然としません。空模様のことは空をみればわかるので、一刻もはやくスタンプカードに判をついて、開放していただきたい。

 「でも、さしてる人もいて、さしてない人もいるってくらいになって、よかったですね!

 まったく、けっこうなことです。

 しかし、私が図体のおおきい楽器を携行しているから、きづかってくださったのかもしれません。心根のやさしいおねえさんなのでしょうか。

 たしかに、足元のわるい日に楽器をはこぶのは難儀なことです。
 かつてベーシストであったころ、池袋駅の地下通路にいたる階段から滑落し、下で談合していたヴィジュアル系バンドマンの輪の中にころがりこんだことがありました。親方、空からオタクが!

 ふくれたはらとしぼんだ心と、それからおんぼろギターをかかえておもてにでた私のあたまに、おおつぶの雨がふりかかりました。
 私はだまって、傘をひらきました。

 けっこう毛だらけねこ灰だらけとは、なんであったでしょうか。まじでわからん。最近近所で火事がおおいことはたしかです。

 砂糖鳥のドラマー三上さんと、リハのうちあげで頭髪の話をしました。

 三上さんの頭髪は黒々としていて、へる気配がありません。
 私とて、いまのところ髪は余剰気味です。しかし、遺伝的なファクターを勘案すると哀しい予感がつよまってくる年齢であると自覚できます。つまり、あたまの曲がり角です。
 ところが、三上さんも濃密な血の業をせおっているようなのです。いわく、父方も母方もアウトだそう。
 そのようなふかいカルマを、彼はいかにして断ち切ったのでしょうか。

 頭皮マッサージだよ」

 う、うわさにはきいていました。ほんとうに効果があるようなのです。
 両手をカニ状にして、頭皮にがっしりとしがみつかせる。それで結構が改善されるのだそうです。

 三上さんはそれを15の頃から毎日かかさずおこなっているのだそうです。なんという勤勉さでしょうか。
 私は歯噛みをしました。もうすこしはやくこのひとにであえていたら。

 「俺ておくれじゃん。何年差ァつけられてんだよ
 「大丈夫。いまからでもまにあう

 大丈夫。
 いまからでもまにあう。

 www.youtube.com

 東京まにあうランド。

広告を非表示にする