悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

冷やし田中はじめました

 チバユウスケさんが携帯電話をもたないことは、ファンの間ではつとに有名です。

 出先で音信不通になってしまう、という、業務にきたすいちじるしい支障について最近テレビ番組でイジられ、「公衆電話を撤去したやつがわるい」と喝破し、さらにツッコまれていました。

 みなさんにおかれましては、どうおもわれましたでしょうか。

 僭越ながら私には、チバさんのおきもちがすこしくわかるのです。
 つまり世のうつろいというものは、往々にして私たちをおきざりにしていきます。

www.youtube.com

 つめかえ、という作業が苦手なのです。
 えらい苦手です。

 ああいう貧乏くさいことを最初にかんがえたのはだれなのでしょうか。私が貧乏じゃなかったら炎上するんだろうな、こういうの。
   たとれば、おしゃれ着洗い用洗剤、というものがあります。
 私はおしゃれなので、これを湯水のごとくつかいます。1回2回はおったらもう洗ってしまうのです。ジャケットが数着しかないことがうかがいしれる。
 駅前の薬局でこれをかおうとすると、ボトルがおかれておらず、詰め替え用のみが売られている、ということがあります。

 ここですこしばかり、おかんがえいただきたい。
 百歩譲って、私は詰め替えに甘んじるとしましょう。その業をひきうけるとしましょう。悪魔の子をそだてるとしましょう。
 家に空きボトルのないご新規さんは、どうすればよいのでしょうか。どうしろというのでしょうか。
 一見さんおことわり、ということなのでしょうか。
 小池さん、これがあなたの都民ファーストですか。

 くるっている。世の中がすこしずつ、くるってきている。
 それをかんじます。かんじずにいられましょうか。
 排外主義が声高にさけばれ、平和憲法がかろんじられ、「助けて! きわめびと」が主婦向け路線にシフトし、詰め替え用パックのみが店頭にならぶ、私たちの21世紀。

 有り体にもうしまして、ボディーソープとかなら詰め替えパック直でもギリいけます。風呂場だし、最悪こぼれてもなんとかなる。
 ホームクリーニングエマールは無理。危険すぎる。

 課金、なる語にかんして。
 本来字義どおりに、「料金を課す」というほどの意味であったはずです。
 しかるに昨今、オンラインゲームのプレイヤーたちの符丁が一般化し、一部の若いネット世代には「有料サービスを利用する」という、真逆ともいえる意味合いでつかわれるようになっています。
 これも世の中の変化といえましょう。言葉はいきもの。
 このことをふまえて、以下をおよみいただければさいわいです。

 私はボトルにならいくらでも課金するのです。  たかだか100円であの労苦をアウトソーシングできるなら、他の選択肢などありません。
 地球環境? おのれの魂ひとつまもられぬ世界でなにが地球環境か。
 私のこころは、地球より重いのです。

 これにもましてなおゆるせぬもの。それが、最新機種のiPhoneです。すなわち、iPhone7とその眷属たちです。
 連中には、ステレオミニのイヤフォンアウトがないのです。穴はひとつしかないから。

 いったいなにをかんがえているのでしょうか。

 Bluetoothイヤフォンをつかえ、さもなくば、死ね、ということなのでしょう。そんなものはもちあわせない。
 Lightningの穴、俗にいう光源膣(ひかるげんぢつ)ですが、本体に付属していたこれとステレオミニの変換ケーブルもものの2秒で紛失し、すでにあとかたもありません。
 私は出先で音楽を聴く習慣がないのでとくにこまらないような気もしました。しかし、やはり不便は生じてしまったのです。

 つまり、リハスタでこまったのです。

 せっかく苦心してあらかじめクラウドアーカイブしておいた過去のリハ音源が、スタジオのモニターで聴けない。
 このような理不尽があってよいのでしょうか。

 店員さんの口車にのせられてうかうかと新型にのりかえたばかりに、このような目にあったのです。
 すべてはキャリアショップのおねえさんの手がつめたいのがいけないのです。
 女性の手がつめたいとドキッとしますよね。しませんか。

 昨夜また、砂糖鳥のリハでした。
 水道橋の飲み屋はやたらと閉店がはやい。いつもの下北沢にかえりたくなりました。

 音だけは時代の先をいきたい。

広告を非表示にする