悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

盗みも田中の門を過らず

 母校にて、高額な機材の紛失、ありていにいって盗難、それをうたがわれる事案、が頻発している、という話を仄聞いたしました。
 なげかわしい話であり、隔世の感です。

 私が在籍した時分は、実家のような安心感ともうしますか、つねに誰の私物だかわからない機材が大量にころがっており、それに手をつける人間などいませんでした。
 なかにはゴミ同然のものもあり、まあ、同然ともうしますか、実際ゴミなのですが、それも多々あり、つまりはゴミだらけといった状態で、そこにたむろしているのもまた、ゴミ同然の人間であり、まあ、同然ともうしますか、ゴミなのですが、つまりはゴミ人間がうろつくゴミ屋敷、の様相を呈しておるわけであり、そこもふくめまして、個人的には実家のバイブスをかんじたものです。

 私たちはゴミでしたが、ぬすみだけはやりませんでした。

 厳密にもうしますと、多少この、やっていたひともいました。
 すなわち、女性の先輩でしたが、学校の備品のトイレットペーパーを自室にもちかえるということを常習していると豪語していました。
 「紙なんか買うやつバカだよ」と放言してはばかるところがありませんでした。
 時効でしょうが、犯罪です。
 犯罪ですが、それはそれとして、だいすきな先輩でした。

 ようて道にたおれた彼女をせおうたことがありましたが、莫大な乳がこの。
 だいすきな先輩でした。

 居候先ですが、家主の方針で昼間は施錠されていません。ぶっそうきわまりない、かんべんしてくれ。
 楽器類をぬすまれるとこまるのですが、家主には容易にさからえませんし、私の部屋には鍵がついていません。
 苦肉の策として、2階全体をホーム・アローンみたいにしています。
 トラップのよけかたをしらない人間が階上にあがろうとすると、非常に危険な目にあうとおもいます。私自身、何度もしにかかっている。

 東東京でいきるのは、楽ではないのです。

 いきつけの楽器店もまた、盗難の被害に遭いかけたことがあったそうです。
 閉店後の深夜、シャッターを破壊されたとか。さいわいにも売り物や売上金などに被害はなかったそうですが、器物損壊で、警察の捜査のための臨時休業をしいられるなど、たいへんな迷惑をこうむったそうで、ゆゆしきことです。

 窃盗犯につぐ。ほかならともかく、あの店だけはやめろ。

 駅近、良心的な価格、親切な店主、ちかくに安ウマな中華屋がある、など、サイコーの店なのです。

 今回買ったのは、BOSS RCL-10(白ノブタイプ)。そうだよ、またなにか買ったんだよ。

 おかりしていた本とCDをおかえしする、という用事があり、高円寺まででました。正確にいうと、高円寺をいきすぎて荻窪まででました。なんなんだよ通勤快速って。
 高円寺までいって、あの店によらぬ手はありません。というか、あの店によるために高円寺でまちあわせたのです。にわとりの先っちょだけでいいからか、たまごの先っちょだけでいいからか。

www.youtube.com

 ふたたび、ノイズゲートがきになりはじめたのです。
 学生時代、Prefuse 73に影響されて、なんでもかんでも極端なゲートとコンプをかけていた時期がありました。ありました、ともうしますか、いまだにその傾向があります。
 ギターでそういう音づくりはできないものか、と画策しているのです。

 ギター用のゲートは、どのようなセッティングにしても質感がノイジーにならないように、設定をしぼりきっても、多少リリースがのこるようにチューニングされているものも多いようです。
 以前Amazonのセールでタダ同然の価格で仕入れたDonnerのNoise Killerは、そうでした。あれはあれでおもしろかったけども。

 試奏してみたところ、RCL-10はバチバチ! まではいかないものの、パ! というきれかたはしてくれます。コンプも上等な効き方で、きにいりました。
 BOSSコンはアニバーサリーイヤーでどうも再評価の機運がたかまっておるようで、プロミュージシャンたちへの賛辞がデジマートマガジンをにぎわせていますが、BOSSとかだれもかれもつかってるのでいやだというだけの理由で忌避していました。
 しかし、ハーフラックならばよいのです。このシリーズ、そろえたくなってきたな。

 そいつをたずさえていって自慢しながら、ぶんちゃんと新宿で一杯やりました。

 機材買ったあとのビールは最高。

広告を非表示にする