悪貨は田中を駆逐する

ギターボーカルのタナカサトです

他の田中より 規模が大きくて 質が良い

 生活維新だあ。

www.youtube.com

 こんばんは。小沢チルドレンです。小沢チルドレン」っていうバンド名イヤだな。ちょっとこう、ミスチルオザケンをまぜたような音楽性だったり。
 きょうも魔の2回生として、不祥事に邁進したいとおもいます。「魔の2回生」ならちょっと今っぽい、バンド名。

 議員の道も一歩から。
 永田町をめざして、まずは部屋の大掃除をはじめました。

 掃除なんて、冷やし中華みたいなもんです。夏の風物詩といいますか。

 幾度となく自室を壊滅させ、そのたび生活再建をしいられる。そうした経歴をもつ私には、業者よぶレベルの部屋の掃除ということについて、相当のノウハウが蓄積されています。
 はっきりもうしまして、サンマーク出版からハウツー本をだせば、重版出来はかたい。印税生活も夢ではないのです。
 しかるに、紙の本はもうおわりましょう。
 これからはブログで発信し、アフィリエイトでマネタイズしていく時代なのです。5年くらい前のノリか?

原則1:頭をつかわない

 掃除についてかんがえることが、私たちにできたでしょうか。
 作業の優先度、あるいは、作業動線。掃除にかんして、そうしたことをかんがえる。それができる能力のある人ならば、そもそも部屋をそのような状態にしてはいません。
 私たちは掃除に興味がないのですから、そういったことをかんがえるいとまをおのれにあたえてしまったとすれば、その間にあるかないかの意志、掃除への気持ち、モチベーションが、確実にそこなわれます。
 つまり、計画立案に飽きてしまって、ゲームをしたり、漫画をよんだり、ねむったり、XVIDEOSをあさりはじめてしまう。それが目にみえているのです。

 なんでもいいから、まずははじめる。手をつける。
 そして一旦手をうごかしはじめたらなにもかんがえずにつづける。それだけです。

原則2:作業をたのしむ  

 清掃は、人間の本能にない行為だとおもわれるのです。
 そうでなければ、どうしてシーズン単位でおこたることができましょうか。
 本能をもちあわせない領域にかんして、意志の力だけでみずからたのしむ、というのは、なかなかに難儀な所業です。
 たとえばあなたは、受験勉強をたのしむことができたでしょうか。できたような人間はこんなしょうもないものをよんでいるんじゃない。
 しかし、かんがえてもみてください。
 最大限の成果としても部屋が自分が入居する前の状態にすこしちかづくということしかえられないだけの、この掃除とかいうタスク。たのしまなければとてもおわらせられるものではありませんません。
 こうした場合は往々にして、当の行為を本能とむすびつけることが肝要となりましょう。
 たとえば早朝の徒歩での通勤に、通学中の女子高生とのすれちがい、といった要素をみいだす。それによりはやおきもみじたくも意欲と活力にみちたものになる。人間には、そのようなことが可能なのです。ギリアウトか。
 では、私たちが掃除にみいだしうる本能的な側面とは、なんであったでしょうか。

 収穫。そうはおもえないでしょうか。

 床一面からゴミをもぎ、袋につめる。農耕民族の血がさわぎませんか。
 それどころか、これほどまでに部屋いっぱいにゴミをみのらせた自分をほめてあげたくなりませんか。
 この内容は、そのまま次の鉄則につづきます。

原則3:自分で自分をほめたいと思います

 自己否定それ自体がなにかをうみだすということが、かつてあったでしょうか。
 今までの自分にNOをいう。ダメをだす。たしかに、それが必要である場面はありましょう。
 しかし、それはあらたなマニフェストをえがくための、準備の過程にすぎません。それ以上の意味はないのです。
 そして、今般。私たちのあたらしい自己は、掃除をする私、と既にきまっています。自己について検討をくわえる必要が、ないのです。

 部屋をよごしてしまった自分をせめ、きもちをなえさす。それは実は、なによりも簡単なことなのです。
 安易な道をえらんでいては未来はありません。

 勇気をだして自分をみとめ、ほめてあげてください。過去の私たちは、もういないのです。

 いま、あなたが掃除をしているとすれば、いまのあなたを
 昨日のあなたが掃除をはじめたとすれば、昨日のあなたを。
 そして、数ヶ月間掃除をできなかったあなたをも。ほめてあげてください。

 地獄の底のような部屋でたったひとり(こういう人材はたいてい独身者です)、たえぬいたあなた。
 そして今のあなたに、かわることのあふれるよろこびをおしえてくれた、過去のあなた。
 ありがとう。

 他のあなたより 規模が大きくて 質が良い

 次回は実践編です。